お問い合わせ
0120-018-144

試験について

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

ECCはこれを受講者全員で合格することを目指しています!

AFPとは

プロのファイナルプランナーへのスタートライン

AFP資格は、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が独自に認定する資格のことで、ファイナンシャル・プランナーとして必要かつ十分な基礎知識を持ち、顧客に対して適切なアドバイスを提案出来るファイナンシャル・プランニング技能修得者に与えられる資格です。

AFP資格の概要

AFP資格の取得条件

AFP資格の認定試験

1級~3級(国家資格)

FP技能検定には1 級、2 級、3 級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP 技能士(例:2 級FP 技能士)を名乗ることができます。 また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。

学科試験

+

実技試験

日本FP 協会の資格「CFP®」と「AFP」

FPとしての力量を測ったり、FPとしての実績や信頼を示すものとして、一般的に普及している資格や検定には、NPO 法人 日本FP 協会が認定する「CFP® 資格」(上級資格)および「AFP 資格」と、国家検定であるFP技能士(1 ~ 3 級)があります。
日本FP協会では、AFP資格の認定要件としてAFP認定研修の修了と2級FP技能検定の合格を必須としています。

AFP

FP としての力量を測ったり、FP としての実績や信頼を示すものとして、一般的に普及している資格や検定には、NPO 法人 日本FP 協会が認定する「CFP® 資格」(上級資格)および「AFP 資格」と、国家検定であるFP 技能士(1 ~ 3 級)があります。
日本FP 協会では、AFP 資格の認定要件としてAFP 認定研修の修了と2 級FP技能検定の合格を必須としています。

CFP

北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(平成27年2月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です。
AFP 資格と同様に2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられています。
国際CFP® 組織FPSB とのライセンス契約の下に日本FP 協会が認定しており、約2万人(平成27年2月現在)が日本全国で活躍しています。

FP(ファイナンシャルプランナー)資格取得講座 お申し込みはこちら
  • FP(ファイナンシャルプランナー)が活躍するフィールド
  • 資料請求はこちら

TOP