お問い合わせ
0120-018-144

講座内容について

「教材について」

  • 1.平均2倍の合格率
  • 2.時間数が多く充実した内容
  • 3.電話・FAX・メールで質問可能
  • 4.3級講座無料
  • 5.サブノート型テキスト+過去問題
  • 6.WEB講座無料

講座内容について

2級FP通信講座を全面リニューアルした理由

計62時間という圧倒的な講座解説時間だった旧バージョンも受講生から高い評価を頂いていました。
そして講座の質を証明する合格率も全国平均の2倍以上の高い結果を出し続けていましたが、
「受講生の全員受検・全員合格」というより高い結果を本気で目指すために、部分改定ではではなく
講座自体の内容を全面的に見直し、全面改定するに至りました。

改定するにあたり、試験内容の傾向や特徴を一から見直し様々な分析を行ないました。 具体的には、多くの受講生に直接ヒアリングを実施しながら、受講生が共通して難しいと感じるところを全て洗い出し、
またFP協会からの試験結果の詳細報告を基に各科目単元における得点率の低い苦手科目や項目の説明の仕方や解説方法を根本的に見直し、 知識がない未経験者でも十分理解し得点できるよう、より丁寧で工夫された内容の講座にフルモデルチェンジさせることができました。

時間数に於いては旧バージョンの62時間よりもさらに多い67時間になりました。 ( 3級 23.5時間 2級 43.5時間 総論 1.5時間 提案書 2.1時間 ) 3級と2級で67時間、総論・提案書の解説時間まで加えると70時間を超える講座です。

動画による解説時間の長さは、どれだけ丁寧に分かりやすく解説・説明しているかを図る大変重要な尺度です。

なぜ、67時間という長時間の動画を提供しているのか?

講義動画の時間数は3級と2級合計で67時間です。 FP技能検定試験の出題範囲は広く、全8課目の内容から出題されます。 過不足ない情報を学習していただくためには、どうしても67時間必要になります。

もちろん、仕事で常日頃からFPに関連した業務を行っているのであれば、これほどの時間は必要ありません。

しかし、他社で提供されている講義動画の時間数を見るともっとコンパクトになっています。
短いものでは全10時間、なんてところもあります。

全10時間の場合、1課目あたりわずか1~2時間。

たった10時間で出題範囲をカバーすることなどできるはずもなく、ほとんどテキストのみの学習になります。 資格試験に慣れている人であれば良いかもしれませんが、初めて学習される方には、正直、短期合格はかなり厳しくなります。

実際、ECCの2級FP通信講座をご受講していただいた中に、このような方がいました。

"以前、他社の教材でFP学習をしたけれど、途中で内容が理解できなくなって、学習をやめてしまいました。 最初のうちは、やる気もあったので、テキストで理解できない内容があれば、ネット等で調べ、なんとか学習を進めていけました。 でも、しだいにやる気が続かなくなり、理解できない内容は飛ばしていくようになっていったんです。

すると、わからない内容がどんどん増えきて、『え、私ってこんなに頭悪かったの!?』っと思うようになり、FPを学習することが嫌になりました。 そして、FPの学習を『明日やろう』と先伸ばすようになり、やめてしまいました。 しばらくは、FPのことを忘れていたんですが、ふと時間があると『悔しい』って思いがわき上がるんです。

書店やネットでもFP関連のものが目に留まるようになって、『もう一度学習しよう』と思うようになりました。 前回のことで、テキストだけで専門知識を学ぶことの難しいさを痛感していたので、今回は、試験範囲全てを動画で解説している講座を探しました。 そこで、見つけたのがECCさんの通信講座です。″

そして、この方は4ヶ月後、きっちり合格されました。

さらに、ECCの講義動画はただ長いだけではありません。

初めて学習される方でも、悩むことなく『なるほど、そういうことか』と理解していただけるように専門用語を極力使わず丁寧な解説を行い、 課目ごとに出題されやすいポイントなどのアドバイスも収録されています。

無理に長時間にしているのではなく、初めての方でも合格できるように必要な内容を収録した結果、67時間になったのです。

教材改定にともない、一流の講師を迎えました

受講生全員合格プロジェクトの一番の改定内容は67時間にも及ぶ、動画の取り直しでした。
講師には最高の人材を探し続け、出会ったのが荻窪 輝明氏です。 【荻窪 輝明氏の経歴・保有資格を一部ご紹介】
■仰星監査法人マネージャー/日本公認会計士協会近畿会
■公認会計士/税理士/証券アナリスト/CFP/1級FP技能士/事業承継アドバイザー
経歴もさることながら、非常に豊富なセミナー経験。
最近では、子どもたちに向けた『お金の勉強』という内容のセミナーなども行っており、 解説のわかりやすさから、高い評価を得ています。

これが秀逸!書き込めるテキストが凄い訳

FPの試験範囲は幅広いのでそれぞれの科目について分かったつもりになるのが一番怖いです。 理解したことを形にし知識を定着させることが大事になります。 ですので、試験当日にアウトプットできる解答力が大切でその知識をインプットするための勉強を行います。気軽に書き込みし易いテキストは効果抜群。

専任の学習サポートスタッフが合格までバックアップ!

教材を購入するだけして、熱が冷めてしまう方もいます。ECCではお申込み後、教材がお手元に届く頃から電話フォローが始まります。
講義の進捗状況は勿論のこと、学習が進んでいくと生じる孤独感やお悩みも含めて、専任の学習サポートスタッフが、定期的にあなたをバックアップ!
試験合格まで安心して学習いただけるように、電話とメールでサポートいたします。

当講座は一般教育訓練の指定講座です

講座は、厚生労働省より一般教育訓練講座の指定を受けています。雇用保険の被保険者で、被保険者期間が3年以上(初めて制度を利用の場合は1年以上)の方に利用していただけます(給付金の受給には要件があります)。

教育訓練講座名 ファイナンシャルプランナー(AFP)通信コース
学習期間(訓練期間) 3ヵ月
修了認定基準 学習期間内において添削問題7回、提出採点結果60点以上
受講料(教育訓練費用)(税込・テキスト代込) 59,800円
給付額(20%) 11,960円

講座内容について

FP(ファイナンシャルプランナー)資格取得講座 お申し込みはこちら
  • FP(ファイナンシャルプランナー)が活躍するフィールド
  • 資料請求はこちら

TOP