お問い合わせ
0120-018-144

講座内容について

平均2倍の合格率

講座選びでよくある間違い

ここがこだわり!

脱落率0を目指す!
ECCFP講座申込者全員受検、全員合格!

皆さんは講座選びでどの様な点を重要視しますか?
合格率・受講料・教材内容・サポート・評判 などなど・・・色々ありますよね。

ECCは分かりやすい講義内容にこだわっているのはもちろんですが、もう一点すごくこだわっていることがあります。

それは「脱落率ゼロ」です。

どういうことかと言うと、 要は学習を始めた方がどれだけ途中で学習を諦めてやめてしまったかを示す指標のことです。
ECCビジネススクールでは「脱落率ゼロ」を究極の目標に置いています。

例を使ってもっとわかりやすく説明すると

例えば100名の方が受講申込みをされ、
途中誰ひとり脱落せず
100名全員が受検し、
100名全員が合格する。

この場合、脱落率0%です。ここからがポイント。

【要注意!数字のマジック】

先ほどの例で注意が必要なことがもう一つあります。
それは「受検率」と「合格率」例えばあるスクールで

100名が申し込み学習を開始しました。
でも実際に受検したのは10名で
合格したのは8名だったとします。

全国の受検者総数が20,000名、合格者が7,600名いたとします。

この場合受検者総数に占める合格者の全国平均は「38%」です。
先ほどのスクールの例では、10名受検し8名が合格なので合格率は「80%」ということになります。
80%の合格率は38%の2.105倍≒全国平均の2.11倍の合格率ということができます。

そしてこのスクールが
「当講座の合格率は全国平均の2.11倍です」とアピールしていたとします。

エッ?! ちょっと待って!って思いませんか?

残りの90名は一体どこに行ったのさ?って言いたくなりますよね!

確かに受検したのは10名でそのうち8名が合格し受検者に占める合格率は80%です。
ですが学習を始めた100名のうち90名は途中で学習を放棄しているのが実態なのに、まるで100名中80名が合格しているかのように見えませんか?

大半の方が講座選びで重要視している「合格率」なだけにココは本当に要注意ポイントです!
100名の方が申込んで学習を始めたものの、実際は9割もの方々が途中でやめてしまい、合格者がたったの8名しかいない。
皆さんはこんな講座で学んでみたいですか?

でも、残念なことにその実態を知らずに「合格率が高そうだからここにしよッ」
こんな風に安直に講座を選んでしまっている方は実に多いと思います。
合格率などのわかりやすい選択基準だけでそんな講座を選んでしまうとえらい事になります。

  • 1.平均2倍の合格率
  • 2.時間数が多く充実した内容
  • 3.電話・FAX・メールで質問可能
  • 4.3級講座無料
  • 5.サブノート型テキスト+過去問題
  • 6.WEB講座無料
FP資格取得講座 お申し込みはこちら
  • FPが活躍するフィールド
  • 資料請求はこちら

TOP